読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自動車の旅

大阪に越すのを機に車は手放したわけですが。
(正確には一ヶ月くらいだけありました)

時々ムショーに乗りたくなります。
マニュアル車に。
オートマで良ければレンタカーできますがマニュアル車は無い。
軽トラでも借りるしかないw

越す前は生活が安定したら買ってもいいかな~とか思ってたけど、
そもそも安定した生活なんて・・・ないな(おい)
この先買うことは無いかなあ。
う~ん、こればかりはわからんわ。

たまにレンタカー借りて前の会社の子達と旅行も行くけどさ、
自分の車で最後に東京大阪往復繰り返したのがやっぱ一番アレだったかな。
当時高速が1000円の時だったのも出来た理由の1つだけど。
と言ってもすべてが1000円なわけじゃなく、
例えば東京から首都高速は別料金。
大阪・・・ってか関西はもうちょっと別料金地域多い。
(よくわからない)
そんでも安かったけどね。

長距離一人運転の覚書。
最初はまだ夏の名残の頃。
1人で運転だから何があっても運転し続けなければならないプレッシャー。
車中泊とか参考にしたかなあ。
軽だけどワゴンRだったので重宝したものです。
ともかく「高速1000円」の道に乗るまでは頑張って運転。
東名か中央道に入ったら仮眠して朝出発というコース。

残暑の頃は毛布とか薄掛け、10月11月は布団積んでました。
狭くてもちゃんと寝るって大事。
それなりに身体伸ばして布団で寝ると身体全然違うから。
(夏に薄掛けなのは日常でも同じなので)

仮眠は大きなSAの隣の小さなPA
大きなSAはまぶしすぎて寝るには向いてないのね。
あと、暑い内は標高が高いところ。関東からだと足柄とか。
エンジン止めちゃうとエアコン無しだから標高が高くて涼しいところじゃないと。
真夏はわかんないけど。
東京から名古屋方面向かう時は牧の原に仮眠場所もあり。
※貴重品は自己責任

寝るときは外からは中で寝てるのが性別つかないようにしてたかな。
荷物も満載だったのでそもそも人が寝てるのに気づかれないくらい。
貴重品も絶対見えるところには置かなかったし。
やっぱ外から見えたら危険度増すと思うんで。

一番重要なのは「東に向いて寝ない」これかな。
下手すると日差しに起こされるからw