読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タバコとタバコ屋。

私はタバコはたしなみません。
離婚して子供いない人だとどうも喫煙者のイメージあるのかなあ・・・
吸わないというと「本当は影で吸ってんじゃないの?」と言われた時期もありました。
近年知り合う人は本気で吸わないとわかるようですが。

ええとね、私が20歳頃は、
(だいたい吸う吸わないは20歳頃何かあるかと)
まだタバコが今よりは安くてだいたい200円ちょい。
220円とか結構あったかな。
そして当時の缶ジュースは100円。
そらね、タバコ1箱より缶ジュース2本でしょう。
そういう理由から喫煙者にはならなかったような。

死んだ親父は禁煙して2ヶ月弱であの世へ。
きっと体調が悪すぎて止めたのだろうと予想。
(酒タバコしてて具合悪いっていうと母ちゃんに怒られるから)
兄ちゃんは理由は知らないけど吸わない人。
たまに友達が来て忘れていくと数ヶ月間そのままという。
元旦那君も吸わない人。
何でだったかな・・・
たぶん具合が悪くなるタイプだったような。
そんなこんなで身近の人は吸わないのです。

あ、今の同居人は吸いますが。
飲み会で同席の人が吸うのは平気なんだけど、
帰ってきて服から匂いがするのが嫌。
あと、歩きタバコの人は死んでしまえと思います。
それから分煙の店はしっかり分煙してほしい。
半端に煙が流れてくるのは嫌。

そんな、まあ、「どちらかと言えば嫌いですね」ですが・・・
タバコ屋さんは無くならないでほしいと思います。
今はあまりないですが「角のタバコ屋」ね。
どうしてそこにはお年寄りとネコがいるのでしょう。
似合いすぎてて良いです。
それとウインドウにタバコが並んでいるのを見るのが好き。
タバコのパッケージは、あの小さな世界に思いがあふれている気がします。

そういえばタバコの話で思い出すのが、
「最後の喫煙者」というお話。
世にも奇妙な物語の1つでググルと出てきます。
当時はブラックジョークだったのが、
現在は近い状態になっているような気が。
と思ったら同じような感想の人結構いるのね。