読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

修正

仕事は順調です。
順調に仕事の出来ない感じでいってます(え)

複写式の納品書を毎日膨大に書くのですが・・・
訂正を修正テープでやってしまうのです。
ええと(汗)
商業科だった私からすると「ありえない」なのですが、
今の世の中は当たり前になっているのでしょうか。
恐らくはタブーであることは変わらないはずです。
ただ、そういうルールを知らない人が始めて、
「便利なものあるじゃん!」的に使うのかと。
で、それを指摘する人がいなければ、
その会社ではまかり通るのではないかと想像。

それじゃあ幾らでも改ざんできるけど?

そういう事ができないよう、
二重線を引き訂正印を押すという手順があるのです。
でもね、今はPCソフトで作成するところも多く、
訂正印を知らない方も多いです。
私はそこを指摘するなんて親切なことはしません。
何も知らないフリで言われた事だけ。

一年前に辞めたネットショップの会社で学んだのです。
仕事は出来ないほうが得をする。
もちろんその会社で上を目指すなら別ですが。
大卒で今までバイトさえしたことが無いという子がきました。
常識非常識のレベル以下で何も知らない。
それでも時給は同じです。
年数による差はあるけど・・・
【時給15円の差】なんて無いも同じ(嘲笑)
あの時悟りました。
クビにならない程度に仕事はできない人でいい。

先日までの和菓子屋はうっかり「できる人」にされましたが、
(あれは単に店長が楽をしたかっただけで真に私への評価ではない)
今度の短期は・・・
言われたことはきっちりやるけど、ちょっと遅いよねという感じかな。
まあ相手方の感想はわかりませんが。

そうそう。
修正で思い出したことが。
文字の消せるボールペンってあるじゃないですか。
あれはどういう意図なんだろうって思います。
作ったのは現代の方でしょうねえ。
ボールペンは消せないところに意義があるのに。

学校のレポートであのボールペンでは不可という話を聞きました。
話している子は「間違えたら困る」というような話をしていましたが・・・
ああ、今の子だなあと。
修正できるのが当たり前に思っているわけですよね。

履歴書に修正液を使う方がいるそうです。
まあ、学校のレポートと同じ話になりますが・・・
修正して提出しても良いものだと認識しているわけですね。
違いますよ。
間違えたら書き直す必要のあるものです。
だからこそ真剣に書く。
だからこそ間違えたときの落胆は大きく「次こそは」となるのです。

現代人はそういうチャレンジ精神的なことに弱い。
一度で正解にたどり着く道のみを求めます。
間違えることを経験しようとしないので精神的にモロイ。
失敗が怖くて怖くて、となる。
そりゃあね、失敗を嫌だなあとは思いますよ。
でも失敗することに怯える必要はないでしょ。