読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

列車ホテルへの経緯をもう少し詳しく書こうと思う。

2015年8月25日(日付的には26日)に、
京都駅停車の列車ホテルに落ち着くに至った話を。
ちなみに理由は台風の影響による強風のため。
地図的には台風はどこ吹く風でしたけどね。
(でも車体が揺れるくらい強風だった)

タイムテーブルは控えない方なのでおおよそだったりしますが、
豊橋で17:01発に乗ろうとしてここから遅延が始まったのは確か。

豊橋からは米原行きの電車が丁度無く大垣行きに
って先日書いたけど時刻表見て間違いに気づいたw
この17:01発が米原行きだったのだけど、
遅延のせいで最初に来るのが大垣行きとアナウンスがあったのね。
そのうちそれより先に岐阜行き各駅停車が来るといわれて乗車。
(来る予定だった大垣行きに途中で乗り換え)

17:01に乗れていた場合、米原到着は19:10、
ちなみにこれで大垣には18:28着と時刻表が言っています。

まずは大垣到着が遅れたので恐らく19時は回っていたのかと。
で、米原行きが割りとすぐ来て乗車。
数駅の距離なのに・・・
米原には深夜到着。
姫路行きが入船してきたのがたぶん1:50頃だったような。
(大阪まで2時間くらいで4時頃到着だなと思ったので間違いないかと)

何駅か順調に進んでいるうちに車内アナウンス。
姫路行きから京都行きに変更になり、
京都から先は何かの手段を手配しているので連絡待っててね、と。
尚、米原駅出発時に姫路行きから変更になるかもしれないよーとはありました。
時間も時間だし。

車内で寝てたのでその前からだったかもしれないけど、
確か草津くらいで京都駅から先は今日の列車無いよ、とアナウンス。
たぶんこれと同時に列車ホテルの案内していたような気がします。

京都駅に着いて列車ホテルが隣のホームなので移動したら、
代行タクシーの話が浮上してそれ待ったり、
駅員さんに明日の切符の事とか聞いて、
列車ホテルに落ち着いたのが3時すぎなので、
たぶん到着したのは3時ちょい前くらいかと。
始発は5時すぎ。
私は始発に乗りましたが、列車ホテルはもうちょいゆっくりしてもOKと言ってました。

さて列車ホテル。
名前は一応まあ「ホテル」という言い方ですが・・・
何の事はないただの列車です。
今回は新快速などに使われる車両。
前回新大阪で聞いた時は新幹線が列車ホテルになっていたようでした。
車両を整備して用意するのは大変だと思います。

当たり前ですが特別な設備は何もありません。
よく走っている新快速や快速の車両です。
トイレつきで車内は明るいまま。
もちろん毛布的なものがあるわけではありません。
大抵は4人分を1人で使っていました。
片側に身体を横にさせ、向かい側に足を乗せている感じ。
私はそれをすると妙に足が疲れるので2人分しか使いませんでしたが。

急に涼しくなった時だったとはいえ、
まだまだ夏ですから空調はまわします。
予定の狂った客は、そりゃ大変。
だけど出来る限りの対応をするJR側mの大変だなあと思います。