読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

唐突に断捨離

先だってのJRの時刻についてはメールしたけど、
何ていうか色々言いたいことだらけ。
その話はまた今度。

唐突に片付け熱。
東京から越してくる前は相当片付けたけど、
今は自分にとって取っておきたい物だけのつもりなんで、
あまり大きく捨てることはないけど・・・
でも突然何か捨てたりも。

今は急に思いついて、
まずはチェストの1段を締めている化粧品を廃棄。
めったにメイクすることないんで引き出し1段で足りてたけど、
それでも使わないんで捨てたい欲がムクムクと。

メイク用品に詳しい人には怒られそうだけど、
実はメイク用品は20年越えのものも。
20歳の時に一式買い揃えたものをそのまま使ってたんで。
(たま~に買い足されたりもしてるけど)

調べたら雑菌が繁殖したりするんで半年が使用期限なのね(汗)
塗る類の物は全て廃棄。
口紅さえ要らないので。
ヘア用品も少し整理して装飾品とまとめて1つの引き出しに。


続いて全然別の場所のアルバム。
写真は引越しの時にかなり整理したけどまあ多い方かな。
減らす事が生きがいの人は別として、
捨てられないって人はとっておいてもいいと思うのよね。
そして何故か突然卒業アルバムは要らないから捨てようと思ってみた。
家庭でのスナップは現在の整理状態以上には減らせない・・・
と思いつつ幼稚園時代のプールの写真は要らないなあと10枚くらい破棄。

そしてメインの卒業アルバム。
捨て方を迷って検索してみると・・・
質問サイトで色々出てきますな。

他の事でもそうだけど、
質問サイトで質問の趣旨からずれて自分の主張をする回答者って何?
「捨て方」をトピ主が聞いているのに、
まるで、捨てるなんて人間じゃないくらいの言い分。

思い出を捨てるなんておかしいんじゃないかって食いついてるけどさ・・・
例えば苛めにあってた人なら楽しい思い出は少ないだろうし、
卒業アルバムには大して思いいれがないって人もいるんじゃないかしら。
自分の主張を正論とするために「親が高いお金出して買ってくれたものなのに」ってのもあったなあ。
親だって色々。
その時は卒業アルバムにお金を払うことで皆が満足したわけで、
年月経ったらそれは減価償却されたって考えることもできるんだけどな。
なにしろ私のように年月経ったら不要に思えてきたって人もいたし。

だいたいが賃貸住宅の人にとっては、物1つの置き場所に金がかかるのと同じこと。
実家が広い家で自分の部屋がそのままありますってんなら置いとけばいいかもしれんけど、
自分で家賃払ってる身には、現在か未来を支えるものにお金払いたいですよ?

もちろん上にも書いたけど、
「捨てられない」って思ううちはとっておいていいと思う。
過去が自分を支えてくれることもあるから。

話は逸れましたがアルバムの捨て方。
幾つか出てきた中で「接着剤」を採用しようと思います。
袋に入れて接着剤を流し、他のゴミと混ぜて廃棄。
だいたい地元は離れてるし、小学校・中学校時代からは住所表示変わってるし、
ウチは夜に回収車がくるところだからまあいいかな。
そもそもが田舎と違って実家だって引っ越してますが多いからなw


さて次は何を捨てよう。