読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柿とミカンと高速バス

家から数駅電車に乗り徒歩10分弱。
とある道の駅に行けます。
まさか・・・そんな近くに道の駅があるところに住むとは。
柿とミカンを買いましてすぐに帰途。
こいつら持って東京へ。
遅い時間のバスなのでナンバではなく大阪駅。
微妙に交通費が発生・・・仕方ない。

久々の東海道はそれはそれで楽しいですな。
SAで降りるたび何か買うのは変わらないけど、買うものが変わりましたね。
今はもうほとんど揚げ物は買わないです。
お土産品は調味料っぽいのが増えました。
菓子は会社以外には買わないな~

ところで話変わって今回の高速バスは同乗者に恵まれませんでした。
まず、隣の席の男性は割りと線出しておきながら、
(要は通路に少し身体が出ている)
SAで全然降りないので微妙に邪魔。
更にその前(私の斜め前)の途中から乗車の女子。
カーテン締め切って化粧してるのは勝手だが・・・
(締め切っているけど時々揺れで見えるから化粧だとわかる)
仕上げに香水振りまきやがりました。
臭いの何の。
誰?このバカ女育てた親は?
散々臭さを振りまいて静岡県で降りていきました。

ねえ・・・

静岡県はバカ女の産地なの?

としか言いようがない。